社員インタビュー

山元 智史
山元さんは入社3年目でスーパーバイザーになりました。ご自身の経験を伝えていく立場ですね。

結果を映像としてイメージできるようアドバイス

山元 智史

自身の経験を語るにあたり、自分の失敗談や自分が不安だった時にどのように解決したかを伝えるようにしています。
また、アドバイスする際はそのアドバイスが何故必要か理由を明らかにし、結果が映像としてイメージ出来るようなアドバイスを心掛けています。
「コミュニケーターへ促したい行動は何か?」を意識してアドバイスし、自身が行動指針のお手本となるようどのような仕事にも責任を持ち業務に取り組んでいます。


山元さんは入社されて間もなく、ある企画のメンバーに抜擢されました。

社員間でコミュニケーションを取り、プライムアシスタンスらしさを社内外へ体現

山元 智史

それは「ブランディングミーティング」です。プライムアシスタンスらしさ・・・つまり会社のブランドイメージをみんなで考え、社内外へ体現していく企画です。
ブランドイメージというのは形のないものですから、具現化には困難が伴います。でも、様々な活動の中でコミュニケーションが活性化していくのは面白く、やりがいがあります。
例えば、このメンバーで社内報を作成していますが、私が特に嬉しいのはその社内報が配布される時です。拠点間での連携は電話によるものなので顔が見えませんが、社内報で顔が認識できると親近感が湧き、一体感が生まれます。
社員間のコミュニケーション活性化と、自社の考え方が実際に行動に結び付くことを、社内報の反響を通して感じ取ることができます。
最初は企画の意図がわからず消極的だったかも知れません。しかし、立案する立場になってからは、企画にかける思い・願いがより強いものになりました。今は多くの方へ協力を促す立場ですから、企画の意図や思いをどのように理解してもらうかを一番に考え、行動しています。


山元さんが入社から今まで、ずっと心がけていることは何ですか?

ゴールを明確にするために、毎日の目標を立てる

社会人になり初めて分かったことは、「ゴールが見えにくい」ということでした。
コンタクトセンターは、厳しいノルマを課す職場ではありません。
しかし、そのことが自分にとってのゴールを見失いがちにさせる・・・という側面もあると思うので、私自身は毎日の目標を立てることを大切にしています。
どんな小さなことでも良いです。とにかく何か目標を立て、日々の業務にメリハリをつけ向上心を忘れないようにしています。


これから実現したいこと、将来の目標について聞かせてください。

事業拡大と品質向上につながるよう、多面的なスキルアップ

山元 智史

プライムアシスタンスが掲げるコンセプトは「最上級のお客さまサービス」の提供。そのための品質向上への取り組みに力を注ぎます。
それを実現するためにお客さまに寄り添って、お客さまの視点でフォローアップしていきたいと思います。
会社設立から今年で6年目、事業拡大が進む中でその一端を担えるよう、私個人でも企画力や品質管理のノウハウを学ぶなど、多面的なスキルアップを図り努力していきたいです。

 

(2017年3月取材)