お知らせ


  • 平成29年6月5日
    株式会社プライムアシスタンス

     

       全日本高速道路レッカー事業協同組合との
    「災害等に関する包括協定」の締結について

     

    株式会社プライムアシスタンス(以下、「当社」といいます)は全日本高速道路レッカー事業協同組合(以下、「JHR」といいます)と災害等に関する包括協定を締結します。本協定の締結によって災害時における当社ロードサービス対応力を強化すると共にJHRとの関係強化を図り、より円滑なお客さま対応を実現し、更なる品質向上を目指します。
     
    1.背景・経緯

    • JHRでは高速自動車道路並びに一般道の果たす、社会的、経済的役割を十分に認識し、二次事故防止のために、故障車・事故車等の安全かつ迅速な牽引技術の向上を図り、交通円滑化に寄与するとともに、広く社会活動に貢献することを目指しています。
    • 当社は創業以来、「最上級のお客さまサービス」の提供を最も大切なテーマとして掲げており、JHRとの一層の連携強化により更なるお客さま対応力の向上を図るため、このたび協定の締結に至ったものです。
     
    2.内容等
    (1)協定書の名称
    災害等に関する包括協定
    (2)協力の内容
    ①大規模災害時の円滑なロードサービス業務の実践 
    ②防災・減災・災害対応における相互協力
    ③PRAの実車研修・訓練実施などへの協力
    ④JHRの研修・防災イベントなどへの参加
     
    3.今後の取組(案)
    今後JHRと協力し主に以下の取組を進めることを検討しています。

    NO 項目 内容
    大規模災害発生時を想定したロードサービスの対応検討・研究 各種大規模災害等を想定し、JHRと協議を進める中で具体的な対応策について検討・研究を行います。
    CSR災害支援サービスの取組 企業とのCSR災害支援サービスの取組についてJHRと連携した対応を行います。
    技術研修会の開催 JHRの協力により実車研修会を開催します。
    JHR技術研修全国大会への参加 JHRの技術力向上を目的として開催されている全国大会へ参加します。
     
    以上